食べもの

タイ土産でトムヤンクンを作りました!Nguan Soonの素を使用。辛さやレシピについて。

こんにちは!アヤカルです。

アヤカレからのタイ土産でトムヤンクンを作りました。

手前のやつがトムヤンクン

トムヤンクンとは…

「トム (ต้ม)」は煮る、「ヤム (ยำ)」は混ぜる、「クン (กุ้ง)」はエビのこと。エビ入りトムヤムスープという意味であり、他にも鶏肉イカ等、他の食材入りのトムヤムスープもある。鶏ならトムヤムガイ(ต้มยำไก่)、魚肉ならトムヤムプラー(ต้มยำปลา)、イカならトムヤムプラームック(ต้มยำปลาหมึก)となる。(ウィキペディアより)

エビを入れたものがトムヤンクンなんですね。
「ガイ」が鶏という意味だとは。

ナイスガイ

使用したトムヤムスープの素

いいね!みたいな親指が特徴のNguan Soon。トムヤムセット
ホールスパイスが入っています

 

スープの素とアヤカレの手

ホールスパイスとスープの素が入っています。
スパイスにはガランガル(タイの生姜)、レモングラス、唐辛子、コブミカンの葉が入っています。ガランガルとか、アヤカルの進化系っぽい響き。


これだけの種類のホールスパイスを集めるとなると多分大変なので(集めようとしたことはない)嬉しいです。

作り方(袋の裏面に記載あり)

日本語の説明もあって安心

袋の裏面に作り方が載っています。一袋で4人分できるみたいです。

材料

お好みの魚介類や肉、きのこ、野菜(寄せ鍋みたいな感じで好きなものを入れればいいみたいです)、ラー油(お好みで)

作り方

  1. 鍋に水を500mlとスパイス(セット内容)を加えて香りが出てくるまで2〜3分煮る
    みたことのないスパイスといい香りでテンションが上がります
  2. スープの素を加えてよく混ぜます
  3. 好きなようにエビや魚介類、きのこなどを加えて十分煮、ラー油をいれて最後にパクチーやネギで飾ります。ご飯と一緒に召し上がれ。
  • 「You!好きなものをいれちゃいなよ」的なことが書かれていたので、大好きなじゃがいもをいれたところ、だいぶ煮崩れてスープ感が無くなってしまいました。なのでじゃがいもは入れない方がいいかも。まぁ、これはこれで芋好きとしては満足でしたが。
  • スパイスは食べられないので、避けながら食べてください。
  • 誤って唐辛子を食べてしまった場合は、レモンなど酸っぱいものをかじると和らぎます。(クエン酸がカプサイシンを和らげるらしい)
  • カフェオレを飲んでも辛さは和らぎます。
  • まぁまぁ辛いので、(インドカレー屋さんの「普通」と同じくらい)ラー油は味見をしてから入れた方がいいかも。

手軽に本格的な味が楽しめるので、タイ土産にもオススメです。
これはカルディにもあったような気がするので、気になる方は作ってみてはいかがでしょうか。

ではまた〜