食べもの

「日本橋だし場」のおでんが癒やし効果抜群だった!東京駅周辺でホット一息

こんにちは、アヤカルです。

寒いこの時期はおでんが食べたくなりますよね。
コンビニのおでんも美味しいですが、東京駅に来た際には是非立ち寄っていただきたいのが「日本橋だし場」!

「鰹節」や「つゆの素」でおなじみのにんべんが「本物のだしの美味しさ」を伝えるためにオープンしたお店です。

360円で、出汁にこだわったおでんを楽しめる

だしが決め手!おでん

卵、ちくわ、こんにゃく、こんぶ、大根の5品が入っています。
出汁の旨味と具材の旨味が合わさって、冬の幸せが詰まっているという感じです。
鰹節屋さんの「にんべん」がつくるとこんなに美味しいんですね。

私は特に昆布のうまさに衝撃をうけました。(と、ここで昆布のドアップを載せたいところですが、気づいたらお腹の中に収まっていました)
昆布の出汁が抜けてなくて、昆布の旨味とおでんスープの旨味が合わさって、脳みそスパークしました。お口の中で合わせ出汁。

これが、この立地で、360円って。ありがとうございます。

100円で出汁を再認識する

出汁と味噌汁

「かつお節だし」と「かつお・昆布の合わせだし」がそれぞれ100円で楽しめます。

卓上の塩

テーブルの上に塩と醤油が用意されていて、それを出汁に入れて自分好みの塩加減にします。でも、はじめはぜひ何も加えないで一口飲んでみて欲しいです。豊かな香りで癒されます。それから少し塩や醤油を加えると、ま〜魔法のように一気に美味くなる!

味の決め手は「だし」と言われてもいまいちピンとこなかったんですが、こうして変化を味わうと納得できます。

そして、さらに「だし」のあとで味噌汁をいただくと、より理解が深まります。

めっちゃ癒される

「だし」を堪能しつくし、お店を出るころには身体の芯からほぐれていることに気づくはず。
あったかくて、美味しいものをいただいたからかな〜と思っていましたが、だし汁にはタンパク質やビタミンB群などの栄養が含まれているんだそう。
かつお節の旨味成分のイノシン酸が新陳代謝を促してくれたり、昆布の旨味のグルタミン酸が胃腸の働きを助けてくれるんだそう。身体が求めているから美味しいんだなぁと納得しました。

アクセス

地下鉄「三越前駅」、JR総務線「新日本橋駅」から徒歩1分
東京都中央区日本橋室町2-2-1
COREDO室町1・1階

営業時間:10:00〜19:00
だし・ドリンクメニュー:10:00〜19:00
ランチメニュー:11:00〜14:00(お持ち帰りも可)

今回は日本橋本店に行きましたが、他にも東京駅近くの丸ビル、羽田空港にもあるみたいです。お近くに来た際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ではまた〜

参考URL にんべん

ブラックサンダー義理チョコショップ復活!東京駅で期間限定出店!こんにちは、アヤカルです。 先日、東京駅の「ブラックサンダー期間限定ショップ」にまた行ってきました。 というのも、1月26日から...