留学

バンクーバーのローカル美容室に行ってきました

こんにちは、アヤカルです。

先日バンクーバーの美容室に行ってきました!

バンクーバーには日本人スタイリストのいる美容室もありますが、今回は普通に英語対応の美容室に決めました。なぜって?グルーポンで半額になっていたからですw

あとは、日本にいる間に自分でカットをしてみたことがあるのですが、案の定髪の長さがガタガタになってしまって…日本語対応の美容室だとなんか言われるんじゃないか…という不安もあり、英語対応の美容室にしました。

英語だったら意思の疎通に一苦労するので、わざわざ「あれ?自分でかみきった?」とか聞かれないと思ったので。(不安に思うポイントが独特)

美容室の探し方

私はグルーポンのサイトで美容室を探しました。

「50%OFF」とかいうクーポンもザラにあるので、美容室に限らず、ジムやその他の買い物のときにもチェックするといいと思います。

値段とレビューを確認し、良さそうなところがあったら美容室のHPへ行き、予約の方法やいつころ予約が取れそうかをチェックします。レビューを読んでいると、「スタイリストの技術には満足だけど予約が全然とれない」とか「予約をメールでしても返信がこない」という内容が書かれている美容室もあるので…(^^;)

 

予約の仕方

私はオンラインで予約をしました。

インターネットが普及されていて本当によかった〜

電話はドキドキですからね。

 

グルーポンのクーポンは使用期限があるので、購入する前に予約について確認しておくといいと思います。

ちなみに私は今回クーポンを購入しませんでした。

スタイリストさんのHPに、グルーポンよりも安いカットメニューがあったので、それで予約をしたのですが、当日行ってみると私が予約したのは前髪だけのカットだということがわかり、その場で別日に予約を取り直してもらったんです。

その際「どうやってこの店を知ったの?」と聞かれ「グルーポン!グルーポン!」と答えたら、「クーポンは買わなくてもグルーポン価格にしてあげるよ」と言ってくれました。
親切。

全ての美容室に通用するかはわかりませんが、クーポンを買うことに抵抗があれば、美容室に直接相談してみてもいいかもしれません

カット当日

事前にヘアカットの表現をwebサイトやyoutubeで確認し、なりたい髪型の写真を用意しておきました。

バイリンガール・Chicaさんのヘアサロン体験動画

あと、服は髪の色に近い色のものを着ていくといいと思います。というのも、日本の美容室ほどケープががっちりとガードしてくれなかったので、服に髪の毛が結構ついてしまったから。ニットもやめておいた方がいい気がします。

 

さて、ついにカットが始まるのですが、地味に困ったのがスタイリストさんとの始めの挨拶。

最初に「What are you doing?」と聞かれた(と思う)のですが、高速すぎて「ワラウドゥーィン」と聞こえ、言葉と認識するまでに時間がかかり、なんと言っているかわかってもなんと返事をすればいいのかわからず、もごもごしてしまいました。

え?いまなにしてるかって?アイムウォーキング

と答えてみたら「まじか〜笑」みたいなリアクションをポジティブな感じでされました笑

ボケたと思われたのかな…

美容室で「what are you doing?」きかれたら「今日はどんな髪型にします?カットですか?カラーですか?」的な意味なので、「I‘d like to have my hair cut」というようなことを答えればいいみたいです。1回目の後でYouTubeのバイリンガールチャンネルで確認しました笑

私は幸いにも2回美容室に行く機会があったので、2回目はちゃんと返事できました。

 

あとは日本の美容室みたいに雑誌を読んだり、ちょっと会話をしてみたりして、のんびり過ごしていればOKです。

ローカルの美容室もいいかも

今回、英語しか通じない美容室でカットをしてもらったのですが、意外となんとかなる!!と思いました。

また、日本人の髪質でもうまく切ってくれるのかという心配もありましたが、全然問題ありませんでした。満足度はスタイリストさん腕次第というのは、世界のどこにいっても同じなんでしょうね。
朝、スタイリングをしなくてもきちんとまとまってくれて、大満足です。

めちゃくちゃな英語でもはっきり話せばわりとわかってくれるので、大丈夫でした。

海外に行った際には、美容室に行ってみるのも楽しいと思いますよ。

今回お世話になったスタイリストさんのHP

 

ではまた〜